Quartz|人気メーカーのガラスコーティング剤です。




クオーツガラスコーティングは半導体の絶縁膜として活用されていたガラスコーティング膜を自動車ボディ用に改良したもので1999年に発売となり現在に至るまで絶大な人気を得てい ます。
 
パーヒドロポリシラザン(無機質のポリシラザン)が主成分のクォーツガラスコーティングは、スプレーコーティングにより大気中の水分と反応しシリカガラスに転化します。
1 ミクロン以下の薄い無機質のガラス膜で覆われたコーティング面は油性の汚れを寄せ付けにくく、長期間保護されることとなります。自動車のボディで考えると、クォーツガラスコーティングが施工された塗装表面は、排気ガスや煤煙など油性の汚れを塗装表面に入り込まず、コーティング面に付着する汚れを水洗いで簡単に落とすことができるので、いつも汚れにくい車を実現させるのです。形成されるシリカガラスは無公害で焼却されても埋められても熔解されても問題がなく、また高い防汚機能により洗車回数を減らすことから環境を配慮した商品と言えます。
クオーツガラスコーティングは、絶縁性や耐熱性、親水性など9項目の優れた性能、性質。

例えば、セラミックなどが絶縁体として利用されています。
クオーツガラスコーティングも半導体の平坦化絶縁膜として、既に10年以上前から使用されています。
   石英ガラスの耐熱温度は1300℃です。
  常温大気中で密度2.0 程度の石英ガラス膜へ転化します。
常温大気中であれば約1ヶ月で表面硬度9H 程度まで硬化します。
水分となじみ、油分をはじく特性を活かし表面に付着する頑固な油汚れを、水洗いだけで簡単に落とすことができます。
無機質という特徴を持っているため、紫外線などにさらされても劣化することはありません。
また、酸に対しても高い耐性を発揮します。
     膜厚は1.0μ以下。その為素材感を損なわずに施工できます。
また素材表面と化学結合することにより、高い密着性を発揮します。
  マイクロメートルレベルの凸凹を埋めてしまうことで、物理的に汚れのこびり付きを防止し、塗膜の美観を維持します。


クオーツガラスコーティングは、ガラス膜を形成する新素材、「アクアミカ」を利用したコーティング剤ボディーの塗装面にコートされると空気中の水分や酸素と化学反応を起こし、1μm 以下の薄いSiO2(石英ガラス)の膜に変化します。
常温で硬化します。
また、施工方法を選ばず様々なものに対するコーティング剤としてその優れた性能をいかんなく発揮します。
完全無機の石英ガラス質ですので、※10年以上の耐候性があります。
(※環境・用途により異なります。)
※クオーツガラスコーティングはAZエレクトロマテリアルズ社(クラリアントジャパン)
「アクアミカ」を使用しています 。

カーコーティング専門店 FILE STYLE 香川 ご予約から納車までの流れ カーコーティング専門店 FILE STYLE 香川 ご予約から納車までの流れ お問合せ 部分見積 ご来店 ご契約 ご入庫 施工 納車 カーコーティング専門店 FILE STYLE 香川 ご予約から納車までの流れ 詳しくはこちら